特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

創成館にセンバツ旗 部員91人にエール 勇気与える試合を /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
西田会長(右)からセンバツ旗を受け取る上原主将 拡大
西田会長(右)からセンバツ旗を受け取る上原主将

 第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社など主催)の出場校に贈られるセンバツ旗が5日、創成館に授与された。諫早市の同校であった授与式には奥田修史校長ら約30人が出席して部員91人を激励した。

 新型コロナウイルス対策のため、全校生徒ら約1000人が参加する予定だった式は、規模を大幅に縮小して実施。県高野連の西田哲也会長から、上原祐士主将(2年)に旗が手渡された。

 大会は、4日の運営委員会で無観客試合を前提に準備を進めることが決まり、開催可否の最終決定は11日になる。西田会長は「(無観客という)少し変わった環境でも、日本中に勇気を与える試合をしてほしい」と激励。生徒会長の山口楓さん(17)は、「不安や悩みも多いと思うが、日々の厳しい練習に耐えた皆さんなら大丈夫。長崎から応援する」とエールを送った。上原主将は「力のあるチームとの苦しい戦いになると思うが、粘り強さを生かし全力で戦う」と決意表明した。

 この日、毎日新聞社は、大塚製薬の協力で製作した92回大会記念スクイズボトルを学校に贈った。【中山敦貴】

〔長崎版〕

あわせて読みたい