メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

千葉・国道14号 埋め立て進む湾岸沿い

交通量の多い登戸4丁目付近の国道14号。かつて海だった道路の右側には今、高層ビルが連なる=千葉市中央区で2020年1月14日、小川昌宏撮影

 1964年10月7日、聖火は千葉市から東京湾に沿った千葉街道(国道14号)を通って東京方面に向かった。高校2年生だった藤田公子さん(72)は伴走者の一人に選ばれ、聖火と共に約2キロの海岸線を走った。

 当時、東京湾は街道沿いに遠浅の海が広がり、休日には潮干狩りや海水浴をする多くの観光客でにぎわった。一方で、経済成長に向けた湾岸開発を進めようと本…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです