メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

空飛ぶ車へ急加速 ドローン改良、中小の技結集

ドローンの改良について議論するエアロジーラボの技術者たち。空飛ぶ車の開発にもつなげる考えだ=大阪府箕面市の同社で、宇都宮裕一撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 小型無人機ドローンや人を乗せて移動する「空飛ぶ車」の開発の動きが活発化している。災害救助など幅広い活用が期待されるほか、新たな移動手段として注目が集まっており、欧米勢が先行し、国内でも参入の動きが広がっている。関西では、2025年大阪・関西万博でお披露目しようと、中小企業が中心となってドローンをベースにした「空飛ぶ車」開発プロジェクトが動き出している。【宇都宮裕一】

 「グワー」。耳をつんざくようなごう音が鳴り響く中、6枚の羽根を回転させながらドローンがゆっくりと浮上していく。兵庫県南部の山あいにある飛行訓練施設。ベンチャー企業「エアロジーラボ」(大阪府箕面市)の3人の技術者が日々、ドローンの性能向上試験を繰り返している。機体は直径約2メートル。最大5キロの荷物を30分で輸送できる。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1963文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです