特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

中韓からの入国制限「適切なタイミング」、追悼式断念「ぎりぎりまで模索」 菅官房長官会見詳報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症や東日本大震災9周年追悼式の中止を巡って、6日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、感染者が多い中国や韓国からの入国制限措置が「遅かった」との批判が出ていることについて、「外国の状況や措置の影響など、さまざまな情報や知見に基づいて総合的に判断した結果で、適切なタイミングだった」と反論した。また追悼式については「実施できる方策がないかぎりぎりまで模索したが、誠に遺憾だが、断念するのやむなきに至った」と説明した。今回は第2次安倍政権発足以来、菅氏にとって3000回目の記者会見だった。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り2523文字(全文2805文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集