特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

首相、支持層に強硬「演出」 中国のメンツにも配慮 「遅すぎ」で効果は疑問

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入国制限強化で中国と自民党保守派に配慮した安倍首相
入国制限強化で中国と自民党保守派に配慮した安倍首相

 新型コロナウイルス感染拡大防止の水際対策で、安倍晋三首相が5日に表明した中国、韓国からの入国制限強化は、中国と支持基盤である自民党保守派の双方に配慮したものだった。習近平国家主席の来日延期発表に合わせた入国制限強化は「遅すぎる」との批判もあるが、保守派向けに対中国で強硬姿勢を見せる政治的「演出」に力点があった。

 「勇気ある決断をしてくれた」。衛藤晟一沖縄・北方担当相は6日の記者会見で入国制限強化を歓迎した。衛藤氏は保守系団体「日本会議」国会議員懇談会の幹部。中国からの入国制限強化を水面下で首相に働きかけていた。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文938文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集