特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

特措法改正で根拠ブレる首相発言 「未知のウイルス」が4日後「既知の感染症」に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る安倍晋三首相=2020年3月6日午前8時2分、川田雅浩撮影
首相官邸に入る安倍晋三首相=2020年3月6日午前8時2分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が野党に協力を呼びかけた新型インフルエンザ等対策特措法の改正を巡り、野党は現行の特措法でも新型コロナウイルスに適用可能で法改正は必要ないと主張している。これに対し首相は「未知のインフルエンザでなければ(現行法を)適用できない。既に新型コロナウイルスは『既知の感染症』という認識だ」と3月4日の野党との党首会談後に記者団に語った。だが4日前の2月29日の記者会見では、首相自身が新型コロナウイルスを「未知のウイルス」と表現しており、発言が変遷・矛盾している印象は否めない。

 旧民主党政権下の2012年に成立した新型インフルエンザ等対策特措法は、対象の疾病を①新型インフルエンザ②再興型インフルエンザ③新感染症――と定める。感染症法6条は「新感染症」の定義について、「既に知られている感染性の疾病と病状または治療の結果が明らかに異なるもので、病状の程度が重篤、かつまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるもの」と記している。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文957文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集