メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 感染防止、制約どこまで? 江川紹子氏、美馬達哉氏らに聞く

感染防止のための国内の自粛要請

 新型コロナウイルス感染症への対応で、安倍晋三首相は大規模イベント自粛や全国の学校の一斉休校を要請し、北海道の鈴木直道知事は緊急事態宣言を出し週末の外出を控えるよう求めた。来週には中国と韓国からの入国制限が強化され、緊急事態には行政側に強い権限が与えられる新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案も成立する見通しだ。感染拡大防止のための市民生活の制約はどこまで認められるべきなのか、識者4人に聞いた。

 政府は当初、いろいろミスや課題がありながらも、それを修正しながら、比較的落ち着いた対応をしていたのに、安倍晋三首相が急にはじけてしまった。しかるべき手続きや調整を踏まず、迷走・暴走を始めたように見える。五輪と支持率のことで頭がいっぱい、リーダーシップがあるところを示したいあまりに頭に血が上っているのではないか、とさえ思える。今、政府が出すべきなのは「落ち着いて」というメッセージなのに、そのトップ…

この記事は有料記事です。

残り4983文字(全文5383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです