メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウォーレン氏が撤退表明 バイデン氏とサンダース氏、いずれの支持も表明せず 米大統領選

ウォーレン上院議員=AP

 米大統領選の野党・民主党の候補指名を目指していた急進左派のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)は5日、選挙戦から撤退すると表明した。記者団に「大統領選からは撤退するが、理不尽な状況に置かれた勤勉な人々のために戦うことはやめない」と語った。

 一方、今後誰を支持するかについては「時間が必要」と明言を避けた。ウォーレン氏の主な支持層は高学歴や中高年の女性で、穏健派のジョー・バイデン前副大統領(77)、急…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです