メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO事務局長「封じ込め可能」「諦めるな」と強調 パンデミックは否定

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の中国以外での流行拡大に懸念を示す一方、ウイルス封じ込めは依然可能として「諦めるな」と訴えた。「制御不能の状態になったと納得するまでは、パンデミック(世界的大流行)と呼ぶ理由がない」とも述べた。

 テドロス氏は「パンデミックに発展する可能性はある。われわれが直面している現状よりも、事態が悪化することもあるかもしれない」としながらも「多くの国で封じ込めに成功している」と強調。感染経路を特定することで連鎖的なウイルスの拡大を防ぐことに、これからも集中し続けるべきだと呼び掛けた。

 WHOの現行規定では、流行阻止が見込めなくなり感染経路の追跡も行わないインフルエンザに対してのみ、パンデミックという用語を使用。流行が始まると「警戒期」とし、世界的な大規模感染拡大を受けて「パンデミック期」と宣言することで、製薬会社にワクチン増産を呼び掛ける効果がある。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです