メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア・イドリブ衝突、政権軍とトルコ軍が停戦 ロシア・トルコ首脳会談で合意

ロシアのプーチン大統領=2019年6月、代表撮影

 シリア北西部イドリブ県で激化していたアサド政権軍とトルコ軍の衝突を巡り、政権の後ろ盾であるロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領は5日、モスクワで会談し、現地時間6日午前0時(日本時間6日同7時)から停戦することで合意した。2月上旬以降、事態の沈静化に向けて協議を続けてきたが、ようやく妥協点を見いだした形だ。

 6時間にも及んだ会談後、プーチン氏は「これらの合意が戦闘停止の基盤となり、住民の苦しみや人道危機に歯止めをかけるという希望を表明する」と述べた。エルドアン氏も「苦境にあるシリア人に支援を届けるため共に働く」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです