メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広瀬の封じ手は攻めの「8六歩」 王将戦第5局2日目始まる

封じ手の「8六歩」を指す広瀬章人八段(右)。左は渡辺明王将。手前左は立会の東和男八段=大阪市中央区のKKRホテル大阪で2020年3月6日、新土居仁昌撮影

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦し、2勝2敗のタイで迎えた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第5局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、囲碁・将棋チャンネル協賛)は6日午前9時、大阪市中央区のKKRホテル大阪で2日目の対局が始まった。

 両対局者は1日目の盤面を再現した後、東…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです