三重・志摩の養殖カキ食べて支援を 新型コロナ感染拡大で出荷できず HPなどで購入呼びかけ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大量死を乗り越え、身が入った「的矢湾のかき」=三重県志摩市提供
大量死を乗り越え、身が入った「的矢湾のかき」=三重県志摩市提供

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で出荷ができずにいる、三重県志摩市の鳥羽磯部漁協的矢支所のカキ養殖業者を応援する取り組みが5日、始まった。志摩市や市内の建設業2団体の職員や社員が、大量の在庫を抱える養殖業者から購入する試みで、市ホームページなどで購入を呼びかける。養殖業者は「カキ大量死に続く感染拡大による出荷難のダブルパンチの打開につながれば」と期待を寄せている。【林一茂】

 同支所の8事業者が養殖するカキは「的矢湾のかき」として知られ、例年、むき身で約15トン、カキ殻付きで20万個を生産。ところが昨秋、半分が大量死してしまった。今年は残ったカキに身が入り出した直後に感染拡大の影響で主な消費先の宿泊施設や飲食店でキャンセルが相次ぎ、出荷できない状態が続いている。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集