メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀シャリのしゃシャリでてすみません

ピーマン、七草がゆ、とろろ昆布、サウナ 大の苦手が大人になると変わる

絵・鰻和弘

 子供の頃、大の苦手やったのに、大人になるとこうも変わるかというものがたくさんありすぎて、ビビっております。まずピーマン。苦っ! なにがうまいねんこんなもん!と、子供なら一度は通る道。今、めちゃくちゃ好き。チンジャオロース革命よ。うますぎる! 生ピーマンの食感も最高やん! 千切りして塩昆布とあえたやつ、無限に食べれるやつやん!

 七草がゆも、こんなもん縄文時代の食べ物やん!くらいに思っておりましたが、今めちゃくちゃ好き。苦み最高! 苦みの奥にあるそれぞれの草たちの香りの違いよ。セリ鍋とか、お取り寄せするくらい好きやからね。おかゆも胃に優しいし、最高よ。年がら年中食べましょうよ。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです