トラ、コイ、タカ…居酒屋談議から生まれた人気シリーズ 読んで楽しい「プロ野球仕様」国語辞典第3弾

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三省堂国語辞典で3球団目となる「福岡ソフトバンクホークス仕様」(右端)などを手がけた、三省堂の滝本多加志・出版局長(左)と佐藤洋一・販売宣伝課長=東京都千代田区の同社で2020年2月27日午後1時59分、伝田賢史撮影
三省堂国語辞典で3球団目となる「福岡ソフトバンクホークス仕様」(右端)などを手がけた、三省堂の滝本多加志・出版局長(左)と佐藤洋一・販売宣伝課長=東京都千代田区の同社で2020年2月27日午後1時59分、伝田賢史撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期になっていたプロ野球の公式戦開幕が、セ・パ両リーグとも6月19日に決まった。そんな中、辞書出版の老舗・三省堂(さんせいどう)(東京都千代田区)が2018年から出版を始めたプロ野球仕様の国語辞典が、「変わり種」の人気シリーズとなっている。今年3月には第3弾として「福岡ソフトバンクホークス仕様」を発行。さて、どんな辞典なのか。【伝田賢史】

 「社員たちの居酒屋談議から生まれた」企画が動き始めたのは、17年夏ごろだった。熱烈なファンが多い、あのチームに狙いを絞った。「これはいける。ぜひ作ってみたい」。アイデアの相談を受けた滝本多加志・出版局長(58)は直感した。「話を引き取って、30分ぐらいでイメージが出来上がりました」

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1801文字)

あわせて読みたい

注目の特集