特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

「花を持って」一つのツイートから全国へうねり 性被害語り、伝え、抗議 フラワーデモ1年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京駅前のフラワーデモに集まった人々=東京都千代田区で2020年2月11日、吉田航太撮影
東京駅前のフラワーデモに集まった人々=東京都千代田区で2020年2月11日、吉田航太撮影

 性暴力に抗議するため花を手に集まるフラワーデモは、2019年4月から毎月11日に開かれてきた。東京を皮切りに全国へ広がり、国際女性デーの今月8日、初めて全都道府県で開催される計画だった。新型コロナウイルスの感染拡大で実現はかなわなくなったが、約1年間にわたって参加者らは体験を語り、秘されがちな性被害を現実のものとして伝えてきた。デモはなぜ、どのように各地へ広がってきたのか。

この記事は有料記事です。

残り5154文字(全文5343文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集