メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO「感染予防にマスクは不要」は本当か 専門家に聞いた

平日にもかかわらず混雑する東京・原宿の竹下通り。横浜から来た中学3年生の2人組の女子生徒は「新型コロナウイルス感染のことは知っているけれど、マスクはしているし手洗いをしたらいいと思う」と話した=東京都渋谷区で2020年3月3日、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、街中ではマスク姿の人が目立つ。世界保健機関(WHO)は先月27日、「予防目的でマスクを着用する必要はない」との見解を発表したが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では「信じられない」との声も多い。感染予防にマスクは有効ではないのか。改めて専門家に聞いた。【大村健一、牧野宏美/統合デジタル取材センター】

 WHOは27日付でマスクなどの適切な使い方の指針を発表した。それによると、せきやくしゃみなどの症状がない人は、予防目的で公共の場でマスクを着用する必要ない、と指摘。供給不足を抑えるため、過度の使用を控えるよう呼びかけている。症状がある人は飛沫(ひまつ)感染を防ぐ効果があるとして、着用が必要だとした。

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文2058文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです