メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO「感染予防にマスクは不要」は本当か 専門家に聞いた

平日にもかかわらず混雑する東京・原宿の竹下通り。横浜から来た中学3年生の2人組の女子生徒は「新型コロナウイルス感染のことは知っているけれど、マスクはしているし手洗いをしたらいいと思う」と話した=東京都渋谷区で2020年3月3日、竹内紀臣撮影

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、街中ではマスク姿の人が目立つ。世界保健機関(WHO)は先月27日、「予防目的でマスクを着用する必要はない」との見解を発表したが、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では「信じられない」との声も多い。感染予防にマスクは有効ではないのか。改めて専門家に聞いた。【大村健一、牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1880文字(全文2058文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです