特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

東京マラソン好記録続出 背景を数字で読み解く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2時間5分29秒の日本新記録で4位となった大迫傑=東京都千代田区で2020年3月1日(代表撮影)
2時間5分29秒の日本新記録で4位となった大迫傑=東京都千代田区で2020年3月1日(代表撮影)

 3月1日の東京マラソン男子は、19人の日本選手が2時間10分以内で走った。一度にこれほど多くの「サブテン」の選手が出たことは、強豪国のケニアやエチオピアでも例がない。大迫傑(ナイキ)が2時間5分29秒の日本新記録で4位に入り注目を集めたが、高久龍(ヤクルト、8位・2時間6分45秒)、上門大祐(大塚製薬、9位・2時間6分54秒)、定方俊樹(MHPS、10位・2時間7分5秒)も新たに日本歴代10傑の中に入った。【石井朗生】

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1237文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集