メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大石警備局長は静岡高OB

 県立高校の静岡や浜松北、沼津東、韮山、清水東、掛川西、藤枝東などの出身者が多い。

 警察庁では、警備局長の大石吉彦氏(東大法86年警察庁)が静岡市出身で静岡を卒業している。「文武両道の校風。在学中に何度か甲子園に母校の応援に行った」と話す。

 内閣官房内閣情報調査室に出向している内閣審議官の桜沢健一氏(東工大工88年警察庁)は、藤枝市出身で藤枝東を卒業している。県内の進学校はどこもスポーツも盛んで、藤枝東はサッカー部が全国的にも有名だ。桜沢氏はバレーボール部に所属し「厳しい監督の指導のもとで、一年中練習に明け暮れていた」と話す。卒業生には元バレーボール女子日本代表監督の故山田重雄氏らがいる。警視庁刑事部長の渡邊国佳氏(東大教養90年警察庁)は韮山を卒業しており、三島市出身だ。内閣情報調査室内閣参事官の今村剛氏(東大法93年警察庁)は浜松市出身で浜松北を卒業している。

 国土交通省では、住宅局審議官の小林靖氏(京大法88年建設省)が掛川西卒。旧大東町(現掛川市)出身だ。スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課長の勝又正秀氏(東大法90年建設省)は沼津東の卒業生で御殿場市の出身だ。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです