メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 臨時休校 教育関係者ら奔走 貧困世帯の子、支援 /秋田

午前中から放課後児童クラブで遊ぶ児童ら=秋田市のひばりクラブで

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今月上旬から県内の小中高校で臨時休校措置が始まった。働く一人親世帯や貧困世帯の子どもたちにしわ寄せが集まるのを防ごうと、教育や福祉関係者らは支援に追われている。【まとめ・下河辺果歩】

 5日午前10時過ぎ、社会福祉法人が運営する秋田市楢山南新町上丁の放課後児童クラブ(学童保育)「ひばりクラブ」には近くの築山小学校に通う1~3年生の27人が来所していた。定員の約7割という。「長い春休みになりそう」。遠藤薫所長(51)は、すごろくなどで遊ぶ児童たちを見つめた。

 学童保育は、保護者の仕事などで家で留守番をする児童を有料で受け入れる施設で公営と民営がある。政府は全国一斉の休校要請に伴い開所を要請。ひばりクラブはこれまで平日は午後のみの開所だったが、2日から午前8時からの受け入れを始めた。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです