メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仲畑流万能川柳

「歳とると五十歩百歩は大きな差」 仲畑流万能川柳年間賞 府中の斎藤秀樹さん受賞 /東京

「万柳大明神」の短冊前で笑顔の斎藤秀樹さん。手にしているのは受賞句が月間賞を受賞した際に毎日新聞社から贈られた盾=府中市小柳町の自宅で

 「歳とると五十歩百歩は大きな差」――毎日新聞朝刊の人気連載「仲畑流万能川柳」の2019年年間賞が発表され、府中市小柳町の斎藤秀樹さん(63)=柳名・火星人=の句が特別賞に選ばれた。斎藤さんに喜びの声と創作の楽しさをきいた。【原沢政恵】

 斎藤さんが万能川柳への投句を始めたのは約2年前だが、新聞への投稿歴は半世紀近く前、中学3年の時にさかのぼる。毎日新聞の「ふんすい塔」など各紙の3行コント欄に「火星人」名で投稿を始めたのだ。「自分の書いたものが活字になる。その快感にはまりました」と斎藤さん。

 小学校の教師になってからも仕事の合間を縫って投稿を続行。笑いを誘う文章の技術は、子どもたちの日々の様子を楽しく伝える学級通信にも生かされた。教育雑誌や趣味の登山誌などにも多くの文章を書き、1960年代の子どもたちを描いた小説も出した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです