新型コロナ 「着物レンタル」倒産 観光客激減、感染拡大で府内初 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 帝国データバンク京都支店によると、京都市下京区の着物卸売会社「京洛和蒼(きょうらくわそう)」が新型コロナウイルス感染拡大による観光客激減の影響を受け、2月12日までに事業を停止した。外国人観光客などを相手に着物レンタルショップ「千都四季」を東山区と伏見区で運営していたが、事業継続が困難になり、今後、破産手続きを進めるとみられる。負債額は推定1億50…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

ニュース特集