メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・松山の女性感染 濃厚接触者全員陰性 /愛媛

県庁で開かれた対策本部会議=松山市一番町4で、木島諒子撮影

 松山市は6日、新型コロナウイルスに感染した同市の30代女性会社員の濃厚接触者らのうち、検査の結果待ちだった12人が全員陰性だったと発表した。同僚1人についても新たに濃厚接触者として検査し、陰性だった。検査対象とされた同僚や医師ら計26人全員の陰性が確認され、野志克仁市長は「現時点では松山市内での感染拡大は見られないと判断している」との見方を示した。【中川祐一】

 結果待ちだったのは、職場の同僚11人と、インフルエンザの検査をした医療機関の看護師の計12人。同じ職場ではないが頻繁に出入りしていた市外の同僚1人についても検査を実施し、計13人の陰性を確認した。女性は倦怠(けんたい)感はあるが、熱は下がったという。また、医療機関でインフルエンザの検査をした医師と看護師はマスクなどをしていたとして「濃厚接触者に準ずる」と訂正した。

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです