メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

コロナウイルスとの対話=伊藤智永

=コラージュ・清田万作

 ウイルスは生物か、無生物か。生命の最小単位である細胞を持たず、代謝も、自己増殖もできないが、他生物の生きた細胞に感染した時だけ増殖し、変異し、生物に似た生態を示す。つまり、どちらでもあり、どちらでもない。それが数十億年の間、宿主の他生物と共に進化してきた。

 私たちの身体は異物が入ってくると、免疫反応で抗体を作り、同じ異物を排除する。このしくみを利用し、あらかじめ弱い、または死んだ微生物を体内に接種しておくと、感染時の重症化を防げる。ウイルスはラテン語の「毒」が語源だが、ワクチンはウイルスそのものか、その一部である。

 ヒトが宿主の場合、ウイルスと「戦う」という言い方は注意を要する。私たちは、ウイルスと戦う感染者や接触者たちを、ウイルスとセットの「敵」に見立ててしまいかねないからだ。スマホで感染者の個人情報や行動を追跡するサービスも登場した。買い占めと同じく節度なき個別利益の追求は、社会全体の力を弱め、回り回って得した個人を追い詰める。

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです