メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不正入試 東京医大敗訴 東京地裁、受験料返還義務認める

 東京医科大の不正入試問題を巡り、特定適格消費者団体の「消費者機構日本」(東京都)が、東京医大に受験料の返還義務があることの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は6日、機構の請求を認めた。前沢達朗裁判長は、女性や浪人生を不利に扱った東京医大の得点調整について「法の下の平等を定めた憲法の趣旨に反する」と述べ、違法性を認めた。【巽賢司】

 被害者に代わって被害回復を求めることができる消費者裁判手続き特例法(2016年10月施行)に基づく初めての判決。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです