メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

在宅配食サービス 持病で食事制限、柔軟対応

1人暮らしの野口納さん(右)にお弁当を届けるワタミ「まごころスタッフ」の小泉貴世さん=東京都江戸川区で、宮武祐希撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 お弁当やお総菜、調理用食材を個人宅に届ける在宅配食サービスの利用者が増えている。内臓疾患を抱える人向けに栄養素や成分を調整した食品を提供したり、食事に関する相談に応じたり。お年寄りを見守るサービスも出てきた。

 「利用者からの相談を受けるうちに、糖尿病などの持病を抱えて『どんな食事をしたらいいか』と悩んでいる人が多いことが分かりました」。食品宅配会社「ウェルネスダイニング」(東京都江東区)で広報を担当する村上ひかりさん(26)が言う。

 ウェルネスダイニングは、お弁当やお総菜、カット済み食材が入った「料理キット」を提供している。糖尿病や腎臓病などで食事制限が必要な人向けの商品が主力だ。2011年に事業を始めて以降、今年1月末までに累計で約1200万食。現在は月に約20万食を届けている。

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです