メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府の新型コロナ「正念場」はいつまで? 9日までのはずが「今」になった思惑

首相官邸に入る安倍晋三首相=2020年3月6日午前8時2分、川田雅浩撮影

 政府が、新型コロナウイルスの感染拡大防止の「正念場」の時期について、政府専門家会議の見解に基づく「ここ1~2週間」から「今が正念場」へと発信を切り替えた。専門家会議が2月24日に「ここ1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解を示してから9日で2週間になるのを前に、「正念場」の期間を柔軟に解釈する余地を広げるために表現を変えたとみられる。

 「諸外国での感染が拡大する中、今が正念場であり、国内対策はもとより、機動的な水際対策も断行していくことが不可欠だ」。安倍晋三首相は5日夕、政府の対策本部会議で中国や韓国からの入国制限強化を打ち出した際、こう強調した。菅義偉官房長官や茂木敏充外相も6日の記者会見で「今が正念場」と表現した。政府関係者は「重要なのは今が正念場だという認識であり、『1~…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  3. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 暴走のトランプ氏か言葉に窮するバイデン氏か 「史上最悪」醜態のテレビ討論会

  5. なぜ入れないの?チェ・ゲバラTシャツ着用で議員会館入館制限を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです