フィンランド首相「ジェンダー平等は社会の利益」 国際女性デー・イベントで演説

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際女性デーに関するイベントで演説するフィンランドのサンナ・マリン首相=米ニューヨークの国連本部で2020年3月6日、隅俊之撮影
国際女性デーに関するイベントで演説するフィンランドのサンナ・マリン首相=米ニューヨークの国連本部で2020年3月6日、隅俊之撮影

 性別に関わらず平等な機会が与えられる「ジェンダー平等」の先進国であるフィンランドのサンナ・マリン首相(34)は6日、米ニューヨークの国連本部で開かれた国際女性デーのイベントで演説した。同国で3人目の女性首相であるマリン氏は「ジェンダー平等は社会全体に利益をもたらす。私たちが成し遂げられることを制限してきた固定観念から、私たちを解放してくれる」と語った。

 フィンランドは、男女平等の度合いを示す「ジェンダー・ギャップ指数」(世界経済フォーラム調べ)で世界3位。男女平等が進んだ理由について、マリン氏はフィンランドがかつては社会格差が大きく、貧しい農業国であり「人口の半分を無視する余裕などなく、あらゆる社会資源を活用しなければならなかったからだ」と説明。ジェンダー平等は「(今も)社会の成功の礎だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文772文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集