メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の1~2月輸出は17%減 16年以来の大幅な落ち込み 新型コロナで

北京の天安門広場=中国・北京で2014年11月9日、井出晋平撮影

 中国税関総署が7日発表した2020年1~2月の貿易統計によると、輸出は前年同期比17・2%減の2924億ドル(約31兆円)だった。1~2月としては、中国の景気が失速気味だった16年(17・8%減)以来の大幅な落ち込みで、新型コロナウイルスの感染拡大による企業活動の不振が鮮明になった。

 輸入は4・0%減の2995億ドル。輸出から輸入を差し引いた貿易収支は、71億ドルの赤字だった。中国メディアによると、税関総署は「感染流行による輸出入への影響は一時的なものだ」として、今後の対外貿易は改善傾向を強めていくとの見方を示している。

 中国では例年、春節(旧正月)に伴う大型連休に合わせて工場の多くが休みとなるため、輸出にブレーキがかかりやすい。今年の春節連休は1月24~30日の予定だったが、感染拡大によって出稼ぎ労働者の都市部へのUターンが遅れ、生産の停滞が長期化している。

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです