特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

声をつないで

兵庫県と41市町の女性議員割合 3割に遠く及ばず「家族の反対、周囲の目…」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
真剣な表情で参加する「おのウィメンズ・チャレンジ塾」の参加者=兵庫県小野市で2019年7月25日(小野市提供)
真剣な表情で参加する「おのウィメンズ・チャレンジ塾」の参加者=兵庫県小野市で2019年7月25日(小野市提供)

 兵庫県と同県内41市町で、女性議員の割合が10%未満にとどまる自治体が3割を超えることが民間団体のまとめで分かった。小野市と播磨町で40%を超えた一方、女性議員がゼロの自治体も2市ある。県全体の総定数に占める割合は17・5%で、政策に一定の変化をもたらすために必要とされる3割には遠く及ばないのが現状だ。3月8日は国際女性デー。女性の政治参画を進める策を改めて考えてみた。【幸長由子】

 公益財団法人「市川房枝記念会女性と政治センター」(東京都渋谷区)が全国の都道府県議会、市町村議会を調査した結果を基にまとめた。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1002文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集