名古屋駅前シンボル移設、再開発地区で最終調整 河村市長が表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋駅東口前ロータリー交差点の中央に建つモニュメント「飛翔」=名古屋市中村区で、野村阿悠子撮影
名古屋駅東口前ロータリー交差点の中央に建つモニュメント「飛翔」=名古屋市中村区で、野村阿悠子撮影

 名古屋駅桜通口前の円すい状モニュメント「飛翔(ひしょう)」の移設先について、名古屋市の河村たかし市長は6日、同市中村区の再開発地区「ささしまライブ」の名古屋高速道路の高架下で最終調整していることを市議会本会議で明らかにした。

 斎藤高央市議(自民)の質問に答えた。飛翔は現在、噴水機能が稼働していない…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

注目の特集