特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

被災企業への公的資金実らず 「グループ補助金」でも倒産75社 返済本格化が背景

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で被災した企業の建物や設備の復旧費の一部を国と県が補助する「グループ補助金」を受けた岩手、宮城、福島3県の企業計75社が、業績が回復せず倒産したことが、3県への取材で明らかになった。倒産は震災5年後から年々増えて、2019年度は最多の21社だった。震災を機に、国が初めて被災企業に公的資金を投入するため作った制度だが、借入金の元本の据え置き期間が順次終了し、返済が本格化していることが背景にある。

 毎日新聞は2月、グループ補助金の交付を受けて、その後倒産した企業数や業種を3県に尋ねた。倒産した75社は県別で宮城46社▽岩手15社▽福島14社。業種別で見ると、水産・食品加工27社(36%)▽卸売り・小売り15社(20%)▽製造業10社(13%)――の順。年度別では12~15年度は1桁で推移、16年度10社、17年度11社と微増。18年度には18社に急増し、19年度(2月21日現在)は21社で…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文731文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集