メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無給、首切り「生活が成り立たない」 一斉休校、非正規職員を直撃 新型コロナ

聴覚障害の児童にはベテラン支援員がつきっきりで授業をサポートする=千葉県南房総市で2017年11月、中島章隆撮影

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、各地の学校が一斉休校になり、一部の非正規職員が無給の休暇扱いを受けている。ツイッター上では「しばらく無給で、ニートになる」などの悲鳴が相次ぎ、個人加入の労働組合「私学教員ユニオン」(東京)が2月29日、3月1日に開設した電話やメール相談にも非正規の教職員らから「無給で困っている」「休業手当は出ないのか」など57件の相談が寄せられた。もともと不安定な非正規職員が増えている学校職場。急な休校に伴う収入減で、訴えは切実だ。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです