メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、休校対策「全額国費で」 給食中止影響でも 中身や予算規模は不明

新型コロナウイルス感染症対策本部に臨む(左から)橋本聖子五輪担当相、加藤勝信厚生労働相、安倍晋三首相、菅義偉官房長官=首相官邸で2020年3月7日午後5時51分、藤井達也撮影

[PR]

 安倍晋三首相は7日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、政府が要請した全国の小中高校などの臨時休校で仕事を休まざるを得なくなった保護者の給与について、「全額国費による助成金で、正規・非正規を問わず手当てする」と述べた。また、売り上げが急減した個人事業主、中小企業・小規模事業者に対し「実質、無利子・無担保の融資を行う」とも語った。

 臨時休校を巡っては、学童保育施設や学校教室を活用した児童・生徒の受け入れに対しても、「全額国費で支援する」と表明。学校給食中止の影響を受けている生産者や子供たちに対しても「きめ細かい支援を行う」と述べた。ただしいずれも詳しい中身や予算規模には言及しなかった。

 首相は10日をめどに取りまとめる緊急対応策第2弾について、①感染拡大防止策と医療提供体制の整備②学校休校に伴う課題への対応③事業活動縮小や雇用への対応④事態の変化に即応した緊急措置――を4本柱とする考えを示した。野党に協力を求める新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正に関しては「来週、速やかに(法案を)国会に提出できるよう準備を進める。早期成立に向け全力をあげてほしい」と関係閣僚に指示した。【杉直樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです