水素製造施設が開所 「再エネ」普及へ実証実験 浪江 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界最大級の水素製造能力をもつ福島水素エネルギー研究フィールド=福島県浪江町棚塩で(東芝エネルギーシステムズ提供)
世界最大級の水素製造能力をもつ福島水素エネルギー研究フィールド=福島県浪江町棚塩で(東芝エネルギーシステムズ提供)

 世界最大級の水素製造能力をもつ研究施設「福島水素エネルギー研究フィールド」が7日、浪江町棚塩の産業団地に開所した。出力が不安定な再生可能エネルギーの弱点を補うための実証試験を行い、製造した水素は東京オリンピック・パラリンピックでも使われる。かつては原発の建設予定地だった産業団地で、「再エネ」の普及に向けた研究が始まる。【高橋隆輔】

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集