メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク&トーク

海津「安立ファーム」で牛飼育 斉藤梓さん(20) /岐阜

斉藤梓さん

食の安全求め、認証取得

 海津市海津町江東で飼育牛を畜産経営する「安立ファーム」の斉藤梓さん(20)が、食の安全や環境保全に取り組む農場へ与えられる「JGAP」の「家畜・畜産物」部門で認証取得した。厳しい管理基準をクリアするための苦労や、喜びなどを聞いた。【聞き手・渡辺隆文】

 ――どうして牛の飼育員になったのですか?

 滋賀県立長浜農業高校農業科動物科学分野で学び、牛の出産から飼育、出荷と一連の流れを覚えました。その後、大阪ECO動物海洋専門学校で2年間勉強し、当時は動物園の飼育員を目指していましたが、動物園での研修で違和感を感じました。自分の好きな動物の世話をさせてもらえず、来園客と動物に挟まれている気持ちになり、やはり高校時代に勉強した肉牛に携わる仕事がしたいと思うようになりました。

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです