メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
時代の風

共生社会とパラリンピック 「存在に意義」考える機会=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

小倉和夫・国際交流基金顧問=東京都千代田区で2019年11月20日午後1時36分、内藤絵美撮影

 新型コロナウイルス問題で、東京オリンピック大会の開催にも影が覆いかぶさっている。しかし、それだけに開催の意義を改めて考える必要があろう。五輪本体もさることながら、障害者の五輪大会ともいえるパラリンピックの重要性に注目すべきだと考える。

 老若男女、外国人、LGBTなど性的少数者との共生などと並び、障害者の社会参加促進は共生社会実現への大きな柱の一つだ。障害者との共生を実現していくうえで、障害者スポーツの振興や、観戦と普及を通じての社会的理解の促進は重要なポイントであり、パラリンピックはそうした促進の良き触媒となろう。

 パラリンピックの開催が、駅、道路、劇場、競技場、ホテルなど公共・準公共の場所への物理的アクセスの改善という、社会的な環境整備の促進剤になることが期待される。しかし、パラリンピックの意義はそれだけではない。ソフト面、すなわち法制度や組織、制度における環境整備が期待される。

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです