メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第57回プロアマ本因坊対抗戦 二子・大関稔-本因坊文裕 第3譜

 今回、大盤の石並べを担当したのは学生本因坊の栗田佳樹さん。アマ本因坊戦は決勝で大関さんに敗れて準優勝だった。他の二つの大会でも大関さんに敗れている。「今日は(ライバルの)研究に来ました。大関さんは地にカラく、無理しない棋風です」とのこと。誰もが認めるアマ碁界のツートップ、次の一手クイズで栗田さんが人気を集めたのもうなずける。

 「次の一手、正解は白45のサガリ。渡りと隅への侵入をみた手です」と羽根碁聖。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです