メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』=渡辺俊経・著

 (サンライズ出版・2640円)

 本書は著者がすごい。忍者本は山ほどあるが、こんな本はない。ほんとうに曽祖父が忍者で、それをつゆ知らずに育ったひ孫が書いた本だからである。私は全国の忍びの古文書を探す過程で、十年ほど前、著者の渡辺俊経(としのぶ)さんに初めて会った。甲賀の杉谷地区の築数百年の屋敷に座るその人は知的で上品な印象であった。京大工学部を出て、大手化学会社に勤めていたという。忍者の子孫は薬品関係が多い。薬剤師・医者・化学会社、やっぱりと思った。

 「ここへ来た研究者は磯田先生が二人目です。服部勲(故人、甲賀地域史)という方がこの杉谷に来て私に道を尋ねました。近年、鬼頭勝之という名古屋の研究者が五人組の尾張藩の甲賀忍者の論文を書き、そのなかの一人が渡辺善右衛門。その子孫の家はどちらですかと。私はポカンとして、答えました。善右衛門は私です。世が世なら、私が善右衛門……」。そして、渡辺さんが屋敷の中を探すと、出てくるわ出てくるわ忍者の古文書が。…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2129文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです