特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

磯田道史・評 『甲賀忍者の真実 末裔が明かすその姿とは』=渡辺俊経・著

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

『甲賀忍者の真実 末裔(まつえい)が明かすその姿とは』

 (サンライズ出版・2640円)

子孫の意地、大量史料で実在を証明

 本書は著者がすごい。忍者本は山ほどあるが、こんな本はない。ほんとうに曽祖父が忍者で、それをつゆ知らずに育ったひ孫が書いた本だからである。私は全国の忍びの古文書を探す過程で、十年ほど前、著者の渡辺俊経(としのぶ)さんに初めて会った。甲賀の杉谷地区の築数百年の屋敷に座るその人は知的で上品な印象であった。京大工学部を出て、大手化学会社に勤めていたという。忍者の子孫は薬品関係が多い。薬剤師・医者・化学会社、やっぱりと思った。

 「ここへ来た研究者は磯田先生が二人目です。服部勲(故人、甲賀地域史)という方がこの杉谷に来て私に道を尋ねました。近年、鬼頭勝之という名古屋の研究者が五人組の尾張藩の甲賀忍者の論文を書き、そのなかの一人が渡辺善右衛門。その子孫の家はどちらですかと。私はポカンとして、答えました。善右衛門は私です。世が世なら、私が善右衛門……」。そして、渡辺さんが屋敷の中を探すと、出てくるわ出てくるわ忍者の古文書が。…

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文2129文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集