メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫も人も幸せに

キャットリボン運動=香取章子

乳がんと闘うモンカちゃん

 愛猫の健康長寿を願うのは家族として自然なことだが、猫の病死の原因は約3分の1ががんであり、中でも乳がんは最も多いがんの一つであることをご存じだろうか。一般社団法人「日本獣医がん臨床研究グループ(JVCOG)」は猫の乳がんの早期発見を呼びかける「キャットリボン運動」を行っている。代表理事で日本小動物がんセンターの小林哲也センター長は「家庭でがんを早く見つけて治療できれば、助かる可能性が高い」と言う。

 チェック方法は、猫を膝で挟むようにしてあおむけにし、乳首の周りと脇の下から脚の付け根までをなでる。しこりに気づいたら、すぐ動物病院に連れて行こう。「乳がんは2センチ以下で発見できるかどうかが生存期間を左右する」(小林センター長)。同グループでは、長さ2センチのピンクリボンに猫の肉球を組み合わせた可愛いピンバッジを寄付のお礼とするほか、猫にリボンをつけた写真をソーシャル・ネットワーキング・サービス…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです