メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者の気持ち

あきらめないで 新潟市・匿名希望(主婦・64歳)

 以前から腰の痛みがあり、病院で脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症と診断されていた。そのうち背骨も痛くなり、1年ぐらい前からは左足にしびれが出始めた。歩き始めてしばらくすると、足先から太ももの後ろにかけてしびれて歩けなくなる。足を休めただけでは収まらず、腰を下ろして休まないと歩けない。台所仕事の時も椅子に座っていた。

 こんな状態では今後が不安でならない。整形外科の医院や病院へも行ったが、いずれも、脊柱管狭窄症に加えて、猫背であるのと加齢によるものという診断で、根本的な治療法は示されなかった。痛みを受け入れるしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです