メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノンが初のデフォルト 外貨建て国債支払い延期 汚職、難民流入で財政危機

演説で債務不履行について説明するレバノンのディアブ首相=AP

 レバノン政府は7日、償還期限を9日に迎える外貨建て国債12億ドル(約1260億円)の返済について、財政難を理由に支払いを延期すると発表した。レバノンは長年の政情不安や汚職の横行、隣国シリアからの難民の大量流入などで財政危機が続いている。レバノンが債務不履行(デフォルト)に陥るのは初めてとなる。

 ディアブ首相は7日夜のテレビ演説で「国が対処できる借金の水準を超えてしまった。資金は国民のニーズのために使う必要がある」と説明。今後、債権者との交渉に臨む考えを示した。ロイター通信によると、レバノン政府の公的債務残高は国内総…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです