メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノンが初のデフォルト 外貨建て国債支払い延期 汚職、難民流入で財政危機

演説で債務不履行について説明するレバノンのディアブ首相=AP

 レバノン政府は7日、償還期限を9日に迎える外貨建て国債12億ドル(約1260億円)の返済について、財政難を理由に支払いを延期すると発表した。レバノンは長年の政情不安や汚職の横行、隣国シリアからの難民の大量流入などで財政危機が続いている。レバノンが債務不履行(デフォルト)に陥るのは初めてとなる。

 ディアブ首相は7日夜のテレビ演説で「国が対処できる借金の水準を超えてしまった。資金は国民のニーズのために使う必要がある」と説明。今後、債権者との交渉に臨む考えを示した。ロイター通信によると、レバノン政府の公的債務残高は国内総…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  3. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  4. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  5. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです