メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行方不明者、最多は10代 SNSで知り合い誘拐も 大阪府警まとめ

大阪府警本部

 大阪府警は5日、2019年に届け出があった行方不明者は7399人(前年比481人減)で、年代別では10代の1452人が最多だったと発表した。未成年は事件や事故に巻き込まれる危険性が高く、11月には小学6年の女児(12)がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で知り合った男に栃木県まで連れ去られる誘拐事件も発生。府警は全国の警察と連携し、早期の発見・保護に力を入れている。

 府警によると、10代に次いで多かったのは、80代以上の1295人。20代の1226人、70代の1191人が続く。これに対し、18年以前に行方不明届が出た人も含め、19年に見つかったのは6409人。死亡が確認されたのは209人で、家族らが届け出を取り下げるなどしたのは677人だった。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです