メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

海外に比べて劣悪な俳優らの労働環境や待遇 「安全衛生上、最低限の配慮を」

ドキュメンタリーの撮影に応じる森崎めぐみさん=東京都内で2020年2月19日、玉城達郎撮影

 与えられた役を演じ、見る人を酔わせる俳優の世界。華やかな印象がある半面、稽古(けいこ)や撮影時にけがをする危険性が高いことは、あまり知られていません。女優の森崎めぐみさんが、働く上での問題点を明かしてくれました。

 <実家は東京都新宿区にあった小劇場(現・早稲田小劇場どらま館)を運営していた。女優で演出家の渡辺えりさんらによる「劇団3○○」(げきだんさんじゅうまる=当時)などが人気を博した1980年代、個性豊かな演劇人に囲まれて少女時代を過ごした。だから、芸能の道に進む以外に選択肢は考えられなかった>

 (実家の)劇場には、当時劇団員だった、いとうせいこうさんたちがよく来て稽古をしていました。中でも、後に劇団「花組芝居」を主宰する加納幸和さんや篠井英介さんが女形を演じる時に着けるかつらが並んだ楽屋の様子は、忘れられません。「触ってみたい、かぶってみたい」と憧れていました。ただ、主張が強い演劇よりもホームドラマが好きで、池内淳子さんや京塚昌子さんが出演する「お母ちゃん系」のドラマに出られたらいいな…

この記事は有料記事です。

残り4294文字(全文4747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです