メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路の看護師が新型コロナ感染 勤務先病院は15日まで外来診療休止

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 兵庫県姫路市は8日、同市野里の仁恵病院に勤務する50代の女性看護師が新型コロナウイルスに感染した、と明らかにした。市内の感染者確認は2例目。入院患者への看護業務に従事、外来診療は担当していない。仁恵病院は9~15日の外来診療を休止し、院内消毒を実施。看護師の50代の夫、80代の父に症状はなく、健康観察を続ける。

 市と仁恵病院によると、看護師は2月29日朝、37・5度の発熱があり、勤務後には38・6度に。その後、熱が下がる日もあったが3月7日、再び熱っぽさがあり、市内の医療機関を受診。同日夜、新型コロナウイルスの感染が確認された。熱は38度台でせきがあり、市内の感染症指定病院に入院した。2月29日を含めて3月5日までに4日間、マスクを着用して勤務していた。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです