メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路の看護師が新型コロナ感染 勤務先病院は15日まで外来診療休止

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

[PR]

 兵庫県姫路市は8日、同市野里の仁恵病院に勤務する50代の女性看護師が新型コロナウイルスに感染した、と明らかにした。市内の感染者確認は2例目。入院患者への看護業務に従事、外来診療は担当していない。仁恵病院は9~15日の外来診療を休止し、院内消毒を実施。看護師の50代の夫、80代の父に症状はなく、健康観察を続ける。

 市と仁恵病院によると、看護師は2月29日朝、37・5度の発熱があり、勤務後には38・6度に。その後、熱が下がる日もあったが3月7日、再び熱っぽさがあり、市内の医療機関を受診。同日夜、新型コロナウイルスの感染が確認された。熱は38度台でせきがあり、市内の感染症指定病院に入院した。2月29日を含めて3月5日までに4日間、マスクを着用して勤務していた。

 病棟には精神科の長期入院患者約50人がおり、頻繁な入退院はないが、看護師の最後の勤務日の翌日から2週間、入院患者の退院を控え、経過観察する。入院患者に発熱などはないが、同僚看護師35人のうち1人にせきの症状があり、8日から自宅待機している。

 看護師は通勤に公共交通機関を使っておらず、感染が確認された人と接触歴もない。海外渡航歴はなく、感染者の確認が相次ぐ大阪府内のライブハウスにも行っていなかった。市は感染経路と濃厚接触者の特定を進める。清元秀泰市長は「市中感染の可能性も否定できない。市民は手洗いうがいなどで自分の身を守り、冷静に行動してほしい」と呼びかけた。【幸長由子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです