メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊丹市長がFBで感染者の居住市公表 兵庫県は当初明かさず「情報が不足」

公表されていなかった感染者1人の居住自治体を発信した兵庫県伊丹市の藤原保幸市長のフェイスブック=2020年3月7日午後3時4分、井上元宏撮影

 兵庫県が6日に新型コロナウイルスへの感染を発表した宝塚健康福祉事務所管内(宝塚・三田市)の40代女性について、同県伊丹市の藤原保幸市長が自身のフェイスブックで「三田市」と居住地を公表していたことが分かった。県が公表を控えたデータを明らかにした理由について、藤原市長は「県民、市民の安全・安心を確保するためには県の情報が不足していると考えた」と説明している。

 藤原市長は6日夜にフェイスブックを更新。「兵庫県内で、西宮市、神戸市、福崎町に続き、今日になって姫路市、三田市、川西市でも新型コロナウイルス感染者の発生が確認されました」と書き込んだ。藤原市長は市広報課を通じ、「私個人の思いを公表した」とコメントした。また、7日夜には「何らかの支障をきたした、あるいはご迷惑をおかけしたとしたら、誠に申し訳ありませんでした」と書き込んだ。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです