連載

声をつないで

世界的シンクタンクの男女格差を示す指数で、日本は156カ国中120位。生きやすい社会をつくるために必要なものは?

連載一覧

声をつないで

女性市長はなぜ土俵上のあいさつを訴え続けるのか 中川智子・宝塚市長の思い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「女人禁制は人権問題です」と語る兵庫県宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所で2020年2月19日、反橋希美撮影
「女人禁制は人権問題です」と語る兵庫県宝塚市の中川智子市長=宝塚市役所で2020年2月19日、反橋希美撮影

 「私は女性市長ですけれども人間です。土俵の上であいさつできるよう、皆さんのお力をお貸しください――」。兵庫県宝塚市の中川智子市長が大相撲春巡業のあいさつで、「女人禁制」への一石を投じてから4月で2年になる。中川市長は2019年に引き続き、今春も日本相撲協会に対して慣習の見直しを申し入れる予定だ。女性首長として土俵の上に上がりたい、と訴え続けるのはなぜなのか。また女性が政治に関わることの意義とは。2月中旬、中川市長を訪ねた。【聞き手・反橋希美】

――大相撲の巡業のあいさつで、男性首長と違う扱いを受けていると気づいたのは18年4月、京都府舞鶴市長が土俵上で倒れたこと(*1)がきっかけだったとか

◆実はその1年前にあった初めての「宝塚場所」のあいさつでも土俵の横に通されたんだけど、疑問に思わなかったの。舞鶴市長が倒れて、救命のために土俵に上がった女性に「下りてください」とアナウンスがあったニュースを見て、「男性の首長は土俵の上に上がってるんだ」と気づいたのよ。「これはいけない」と、その2日後に予定されていた宝塚場所の主催者に土俵上であいさつさせてと申し入れたんですが、「伝統に配慮してください」って断られました。

――「市長でありながら、女性であるという理由であいさつできないのはつらく悔しい」とあいさつされました

◆3分半でどう言うか、文案はかなり考えました。会場はしん、としていてね。あの場所で問題提起するのは、普段は自然体の私でも本当に緊張しましたよ。「女性の知事や市長も増えている。女性総理が現れるかもしれない。その時に絶対に上がってはいけないのでしょうか?」と問いかけたら、間髪入れずに男性の声で「いけない!」ってヤジが飛んだのが忘れられません。

――その後に協会側に要望書を提出され、幹部と18年4月と19年3月の2回面談されました(*2)

◆「巡業場所の開催地首長のあいさつは土俵上か下かは別として平等にすること」「女人禁制の見直しの議論を始めること」を求めました。1回目の面談では、議論を始めてアンケートもすると約束してくださって和やかでした。でも2回目は「女性を一切土俵に上げないのは伝統であり文化だ」と議論の余地がない口調で言われました。「女性と土俵に関する調査委員会」はあるけれど初会合もまだで、アンケートも実施されていなかった。00年に大阪府の太田房江知事(当時)が春場所で府知事賞授与を希望しても拒まれましたが、あの時のように社会の関心が薄れるのを待っているのではと思わざるを得ませんでした。

――今春も協会に文書でその後の対応を問う意見書を提出予定だそうですね。改めてなぜ土俵の上に女性首長が上がれないことが問題なのか教えてください

◆これはまさに人権問題だと考えています。これまでも開国とともに日本では高野山や富士山など、いろんな所で「女人禁制」が解かれてきました。伝統は大切だけど、時代とともに見直されていくもの。相撲が国技とされ、協会が公益財団法人として税の優遇措置を受けているなら、なおさら男女平等が求められると思います。

――2月初旬に大阪であった女人禁制を考えるシンポジウムで「1人にしないでください」と訴えていました

◆正直言って「のれんに腕押し」って感じで、要望を続けるのはむなしい。周りの人に「まだやってるの?」という目で見られるのもつらいしね。でも1年に1度でも頑張って要望して、自分のこととして考えてくれる人が増えるとうれしいという気持ちでやってます。世論が動かないと見直しはできないから。

――1996年の衆院選で初当選し、政治の世界に足を踏み入れて四半世紀近…

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文2942文字)

あわせて読みたい

注目の特集