特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

こんな時どうするQ&A

新型コロナ、ウイルス感染の特徴は 風邪やインフルと症状変わらず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東北大病院の熱のある患者専用の出入り口=仙台市の東北大病院で3月4日、遠藤大志撮影 拡大
東北大病院の熱のある患者専用の出入り口=仙台市の東北大病院で3月4日、遠藤大志撮影

 Q 新型コロナウイルスに感染した場合、風邪やインフルエンザと症状や対処法に違いはあるのでしょうか。東邦大学医学部微生物・感染症学講座、舘田一博教授に聞きました。

     ◆

 A 初期症状は風邪やインフルエンザと変わりません。37・5度以上の発熱やだるさ、喉の痛みなどの症状です。強いていうなら少しだるさが強いということや症状が長引くというくらいです。

 発熱やだるさなどがあったら、外出を控えて自宅で安静にして症状を経過観察してください。4日以上症状が長引くようなら帰国者・接触者相談センターに問い合わせ、指示を受けてから医療機関を受診してください。

 また、(重症化しやすい)高齢者や持病のある人は発熱やだるさなどの症状が2日続いたら、早めに問い合わせるようにしてください。

 自宅静養も風邪やインフルエンザなどと同じで、十分な睡眠と栄養を取りましょう。食事は症状にもよりますが、比較的元気で食欲があるようなら、通常の食事でかまいません。食欲がなければゼリーなど食べられるものをしっかり取ってください。【聞き手・南迫弘理】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集