特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ感染60代男性、山梨市のセブンに勤務 「不安なら保健所に相談を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスに感染した男性が働いてたセブンイレブン山梨上石森店=山梨県山梨市で 拡大
新型コロナウイルスに感染した男性が働いてたセブンイレブン山梨上石森店=山梨県山梨市で

 山梨県とセブン―イレブン・ジャパンは8日、新型コロナウイルスに感染した1例目の同県内の60代男性が、山梨市上石森(かみいしもり)のコンビニ「山梨上石森店」で勤務していたと、それぞれ発表した。同店は8日から営業を停止。従業員ら関係者8人を濃厚接触者とし、うち1人に発熱などの症状が出ている。男性の生活圏が笛吹、山梨、甲州3市で、県は「健康に不安な人は保健所に相談を」と呼び掛けている。 

 これまでの発表によると、男性は、客の感染者が出た大阪市のライブハウス「アメリカ村FANJトワイス」などから帰った後の2月28日、頭痛などの症状が出始めた。29日~3月4日、1人で行う屋外作業の仕事を休み、自宅にいたため濃厚接触者はいないとされていた。

 実際には、大阪から帰宅後に5日まで同店でアルバイトもし、接客や品出しをていた。勤務日数は県と同社で食い違っている。7日までの県の調査で申告せず、店のオーナーに同日未明、感染を報告。同社が県に連絡した。

 コンビニ勤務を把握できなかったことについて、県の担当者は「患者の積極的な協力がないと防ぐのは難しい」と説明した。県は感染者の行動を確認する専門チームを8日に発足させたという。

 また県は、男性が2、3日にマッサージ店を訪れ、ここで30人の濃厚接触者がいることも明らかにした。同社は同店のオーナーが掛け持ち経営していた山梨市の「山梨下神内川(しもかのがわ)店」も8日から休業にした。【高田奈実】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集