「部費横領」誤情報で強制退部 「甲南大対処せず」学生が自殺 遺族、検証求める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
甲南大の男子学生がつづった遺書(コピー)=福岡市で2020年3月4日午前10時35分、樋口岳大撮影
甲南大の男子学生がつづった遺書(コピー)=福岡市で2020年3月4日午前10時35分、樋口岳大撮影

 神戸市の甲南大2年の男子学生が2018年10月、「学園祭の模擬店の売上金を横領した」などの誤った事実を理由に文化系クラブを強制退部させられ、その情報が広まったことで自殺していたことが、関係者への取材で判明した。実際に横領の事実はなく、学生は名誉回復のための対応を大学に求めたが実現せず、その後命を絶った。大学側は一連の対応に問題はないとしているが、遺族は検証のための第三者委員会の設置を求めている。

「大学は名誉回復応じ…

この記事は有料記事です。

残り1987文字(全文2185文字)

あわせて読みたい

注目の特集